vol.83 英作文のコツ

最近大学入試の英語において英作文の比重が高まっています。特に難関大学において顕著です。
ちなみに今年の東北大学2次試験の英語は4題中3題が英作文でした!!(今までは4題中1題程度でした。)
従来の与えられた日本語を英語にする和文英訳に加えて、与えられたテーマに対して自由な意見を英語で書く、自由英作文の出題が非常に多くなっています。その割には英作文の対策が不十分な受験生が結構いるのではないでしょうか。

今回は英作文のちょっとしたアドバイスをしたいと思います。英作文のコツは何と言っても「与えられた日本語の内容をよく理解し、その内容を自分の知っている出来るだけ簡単
な英語構文で作れるような日本語に変形する」です。例を挙げながら説明します。

①この机は、おじがくれたものです。
This desk is the thing which my uncle gave me.
なんて日本語に忠実に英訳するとちょっと変なことになってしまいます。ここでは「これは おじさんがくれた机です」と日本語を変形し
This is the desk (which) my uncle gave (to) me.
がよいでしょう。

②私は12 月23 日に生まれた。
I was born on December 23. ですが「生まれる」be born の表現が思いつかなったなら「私の誕生日は12 月23 日だ」という日本語に変形して
My birthday is December 23. でもいいのです。
基本はこの考え方です。

③私は学校へ行くのに8時半のバスが普通だ。
「普通」が気にかかると思いますが、「日常的にしている」という意味なので、現在時制を使えば十分です。「私は8時半のバスで学校へ行く」という日本語に変形して
I go to school on the eight thirty bus. でOK です。
このように日本語の内容を変えずに出来るだけ簡単な英文で書けば減点もされにくく余裕で合格点です。ぜひ試してみて下さい。(つづく)

vol.82 英語長文問題攻略法 (英語長文が苦手な中・高生へ)

英語の長文問題を苦手にしている生徒さんは多いと思います。
今回は、そんな皆さんに攻略法を伝授したいと思います。

①英文より先に 日本語の全訳を読む。
英語が苦手な生徒はまず日本語訳をよく読んで、これから勉強する英文の内容を先に把握しておきます。2~3度繰り返し読んで理解しましょう。また、日本語訳を読んでも内容がわからない長文はとりあえず手をつけずにおきましょう。日本語でわからないものが英語でわかるはずがありません。

②単語や構文を調べ、完全理解を目指す。
内容を理解した長文のわからない単語や構文を調べます。単語は辞書で解決しますが、わからない構文は、学校や塾の先生、英語ができる友達等に教えてもらいましょう。完全理解とは、英文に対しての日本語訳がなぜその表現になっているのか納得できることです。じっくり調べ尽くして完全理解を目指して下さい。

③完全理解をした英文を 何度も繰り返し読む。
単語、構文、日本語訳を意識しながら何度も読みます。音読ならさらに効果があると思います。それこそ暗記してしまうぐらい読み込んで下さい。スラスラ理解して読める英語長文のストックを100 にすることがとりあえずの目標です。多いにこしたことはありませんが、まずは100 長文を自分のものにしましょう。
コツは自分にとって難しくないレベルの英文から始めることと、入試日(センター試験なら約3ヶ月後、高校入試なら約4ヶ月半後)まで毎日継続して行うことです。途中でやめてしまうと効果はほとんどないと思ってがんばりましょう。英語力UP 間違いなしです。
(つづく)

vol.81 薄目の一冊を繰り返そう

早いものでもう10 月。センター試験まであと100 日ちょっとです。
この時期になっても部活があったり、夏で引退してもなかなか切替えが出来ずに勉強がいまひとつ…という生徒さんもいると思います。何度もこのコラムで書いていますが、今年の受験生にもアドバイスします。
『薄い問題集一冊を何度も繰り返せ』です。

用意するものは成績を伸ばしたい科目の薄い問題集一冊だけです。本屋さんに売っているものであれば何でもいいでしょう。それ以外はとりあえず不用です。最初からオレンジ等のペンで答えを書き込んでいきます。それが終わったら最低5回程度読んで下さい。音読ならより効果的でしょう。なんとなく覚てきたなと思ったら赤シートを使って本当に覚えているか答えを実際に書いて確認して下さい。

この時になって初めて用語等がよくわからなかったら、別の教材で調べるなどをして知識を深めて下さい。この一冊を完璧にしたら、センター試験の過去問や模試等で自分の実力を確認して下さい。問題集の内容がしっかり定着していれば、70%程度は得点できていると思います。わからなかった所を完全に覚え直して下さい。何度も復習できるように間違えた問題を問題集に書き込みましょう。そして仕上げにもう一冊別の教材をやれば、センター9割も夢ではありません。理科・社会や古文・漢文等には特に効きます。

これも何度も書いてますが、この方法論で夏の時点で全く手をつけていなかった日本史が11 月の模試で葵高のトップになった生徒が過去にいました。(その生徒は高3夏頃までは学年最下位付近常連でしたが、これをきっかけに勉強に目覚め、一浪はしましたが早稲田大学に進学しました。今年で4年生なのですが、超一流企業に内定したそうです。)今年も7月の模試で日本史が21 点だった生徒がこのやり方で9月の模試でなんと50 点プラス(71 点)になりました。
皆さんも是非試してみて下さい。(つづく)

vol.80 センター試験まで148日

夏休みも終わり受験はいよいよ後半戦。センター試験まで148 日、約5ヶ月です。
もっと早くやればよかった…まぁ様々な想いがあると思いますが、ここは前向きに、これからのことだけを考え行動しましょう。今回は、そのためのアドバイスをいくつかしてみたいと思います。

①まずは過去問をやる。
ある年度のセンター試験過去問の受験科目を全て制限時間を守って解いて、点数を出してみましょう。(3年分程)それから自分の志望大学の合格基準点を調べ、自分の点数との「距離」をしっかりと確認します。

②①で計った「距離」をつめる(特に理社)
さてここからが本番。目標の点数まで自分の成績を伸ばせば良いだけのことですが、まずは理科・社会です。
英語・数学・国語よりははるかに成績が伸ばしやすいからです。薄目のセンター対策問題集(20 日完成・30 日完成○○○等)とセンター対策参考書(はじめから○○○・おもしろいほど○○○等)を用意して片っ端から覚えます。それから過去問やセンター実戦問題集等をやり込み、出来なかった箇所を繰り返し復習すれば、かなり得点出来るはずです。

③安易に志望校を変えない
進学する大学が違えばその後の人生も大きく変わります。(出会う人が違えば、考え方や行動も違ってくるから。)進学するのは自分自身なので、他人の話はあくまで参考にして、自分で決めましょう。行きたい大学を安易にあきらめてはいけません。「合格したら泣いてしまうほどうれしい大学」志望校はこれしかありません。(つづく)

vol.79 高3生、まずは基礎力だ!!②

今回は前回の基礎力チェックテストの解説をしたいと思います。

This is the watch I had fixed yesterday.
これは関係代名詞目的格の省略と先行詞(thewatch)が関係詞節内で何として(主語や目的語など)働くかという2 点がポイントの問題です。

① I had fixed the watch yesterday.
(私は昨日その時計を修理した)
つまりthe watch がhad fixed の目的語として働くと考えて
⇒(これは私が昨日修理した時計だ)と訳すか

② I had the watch fixed yesterday.
(私は昨日その時計を修理してもらった)the watch がhad の目的語として働くと考えて
⇒(これは私が昨日修理してもらった時計だ)と訳す2 つのパターンが想定出来ますが、正解は②です。

①は過去完了の説明がつきません。過去完了を使う時は必ず基準となる過去時制表現がなければいけないからです。

①の意味の英文はThis is the watch I fixed yesterday. です。前に出てきた英文を正しく解釈するには先に書いた通り、関係詞の問題は先行詞が何として働くか、ということと、過去完了の理解、それと使役動詞have, 第5 文型のC に過去分詞が使われている、という知識と理解がなければ“ 見せかけの過去完了” にだまされてしまいます。

1 つ1 つの文法事項は基本中の基本ですが、それらがからまると、本当に分かっている人しか正解にたどりつけないと思います。
「なんとなく分かる」「慣れれば出来るようになる」といった何の根拠もないが、英語学習にはありがちな「通説」に惑わされていると、いつまでも点数が上がらないでしょう。

基本事項を地道にマスターして、正しく英文を読む以外、短期間(あとセンター試験まで7ヶ月)で成績上昇は望めません。
当塾では、今の時期から本格的な勉強を始め、マーク模試で半分もいかなかった生徒がセンター本番で180 点以上(200点満点)得点する人は毎年少なからずいます。

まだ十分間に合います。
合い言葉は「まずは基礎力だ!!」です。(つづく)

vol.78 高3生、まずは基礎力だ!!

そろそろ部活を引退した高3生もでてきて、いよいよ受験勉強本番です。
まずは基礎力をつけなければなりませんが、問題点が2つあります。

①基礎力があると勘違いをしているか又はうすうすその事に気付いているにもかかわらず応用問題に取り組む事。
②何を持って基礎力とするか分からない事。

①はいわゆる“難問マニア君”です。
有名な参考書や問題集を食いちらかしたり、難易度の高い問題をウンウンうなって時間を浪費するといった現在の日本の大学入試システムには全く合わない学習スタイルです。
自分の満足とはうらはらに成績が伸びない事は請合いです。

②の答えにもなるのですが、何が基礎力かここに私が考える大学入試の超基礎力のチェックテスト英語編を書いてみます。

日本語⇒英語・英語⇒日本語・( )に適語

① ここから駅までどれくらいあるか知っていますか。
② あなたはいつから日本に来ているのですか。
③ この机はおじが私に買ってくれた物です。
④ 君は私に宿題を手伝ってほしいの?
⑤ 日本語では最初の月は何と呼ばれていますか。
⑥ The boy called Tom called on Bob.
⑦ At the time we speak of the boy was very happy.
⑧ This is the watch I had fixed yesterday.
⑨ I have wondered at the passion many people have to meet Mr.Suzuki.
⑩ I am not so busy that I can not read the newspaper.
⑪ 自分が正しいと思う事をしなさい。
⑫ The world is so made that someone loves you.
⑬ The man(  )I thought was honest told a lie.
⑭ The man(  )I thought honest told a lie.

どうでしたか?
①.⑤は中学生の範囲で公立高校の入試レベルです。
正解が最低でも4つ以上でなければ中学レベルに戻ってしっかりやり直す必要があります。
それも早急に!!

⑥.⑩は中3、高1レベルで、⑪.⑭は入試レベルです。
単語がやさしいのでなんとなく訳せるような気がしますが、仲々うまくいかない人も多いと思います。

⑥動詞は?⑦主語は?⑧⑨⑬⑭は先行詞が何として働いているのか?⑩⑫ so の基本的な意味は?
という視点で考えれば糸口が見えてきます。(⑧を「これは昨日私が修理した時計です」⑨を「多くの人々が鈴木氏に会わなければならない.」⑩「とても忙しくないので.」⑫「とても作られているので.」と考えている人は決定的な基礎力不足です。)

このレベルをしっかり固めてから長文演習をやらなければ、ほとんど効果があがらないと思います。
英語が苦手な人はもちろん、得意だと思っている人も注意しなければなりません。
最後に英単語・熟語を覚えるというのは英語の勉強以前の事です。
全力で覚えましょう。皆さんいかがだったでしょうか?(つづく)

〈チェックテストの解答〉

① Do you know how far it is from here to the station?
② How long have you been in japan?(when ー? では現在完了使えないよ)
③ This is the desk (which) my uncle bought (for) me.
④ Do you want me to help you with your homework?
⑤ What is the first month called in Japanese?
⑥トムと呼ばれている少年がボブのところを訪れた。
⑦ 私たちが話題にしている時代にはその少年はとても幸せだった。
⑧ これは私が昨日直してもらった時計だ。
⑨ 私は多くの人が抱いている鈴木氏に会いたいという情熱をずっと不思議に思ってきた。
⑩ 私は新聞を読めない程忙しいわけではない。
⑪ Do what you believe is right.
⑫ 世界は誰かがあなたを愛してくれるようにできている
⑬ who
⑭ whom

vol.77 楽しい高校生活スタートのために〈新高1へ〉

この時期に高1に必ず言いたい事なので、今回は昨年と同じ事を書きます。(前回読んだ人はスミマセン。)

このコラムで何度も書いたことですが、私の高1、1学期の成績は360人中356番で、赤点4つは学年トップタイでした。そればかりか、1年の学年末には359人中358番(1人入院していたという噂あり)という“ 輝かしい” 成績を記録しました。

今となってはネタになっていて結構重宝していますが…。その後の不努力のせいもあって、高校時代は300番台の帝王でした。
最初は恥ずかしかったこんな成績も慣れてしまえばそれほどのことではなくなっていきました。

でも今振り返れば、進学校であったためか常に成績のことはどこか頭の片隅にあり、他のことでどんなに楽しくても、いつも“何かがひっかかっているような気分” が付きまとい、充実した高校生活を送れたとは必ずしも言えませんでした。
高校生活を楽しむためには、友人や部活動もとても大切ですが、特に大学進学を視野に入れている生徒にとっては勉強も外せません。悪い成績より良い成績の方がいいに決まっています。
ここで新高1にアドバイスです。5月20日頃にある最初の定期試験に全力を尽くして下さい。

高校入学したての今が最も高校内の学力差が小さい時なので、トップになるのもビリになるのも一番“簡単”なのです。誰もが学年280人または240人中3位、7位、11位といった順番の方が268位、231位などの順位より望んでいることでしょう。最初にとった成績は思ったより固定しがちです。ここが踏んばり所です。

P.S. 会津学院の新1 年会津高・葵高コースは、楽しい高校生活スタートのために万全の体制で定期試験をはじめとした学習対策をしています。
興味のある方は御一報下さい。(つづく)

vol.76 親が出来ること②

子供の勉強に関して「親が出来る事」という題で昨年末に書いたらまずまずの反響があったので、今回はその続編です。親が出来る事で子供にとって最もありがたい事は、勉強を直接手伝ってやる事ではないかと思います。小学生ならまだしも中学生や高校生の勉強なんて…と思っている人、心配無用です。勉強を教えるのではなく、作業的な事を手伝うのです。

例えば問題集や学校のワークなどをコピーして解答を赤やオレンジのインクで書き込んで赤黒プリント(赤シートをかければ赤字が消えて暗記に最適)を作ってあげたり、社会の教科書内容を一問一答形式の問題にしてあげる事等です。こうしてやる事の優れている所は、書き込み等は非常に時間がかかるので、子供が時間を覚える事だけに使える事です。

生徒の中には答えを問題集に書き込んだり、教科書の内容をノートにキレイにまとめたりするといった勉強の本質から外れた作業的な事に時間を費やし、最も大事な覚え込む事にほとんど時間をかけていないにもかかわらず、勉強した気分になっている人が少なからずいます。

手伝いをしてあげる事でやりがちな誤りを防ぐ事ができます。こんな事を書くと「甘やかしている」「自分で勉強ができなくなる」なんて思う人もいるかもしれませんね。でもそう考えるのは、例えばスポ少や部活動で野球部に所属していて、練習場までの送り迎えをしてやった時に「ウチの子は自分で野球ができなくなる」と思うようなものです。

送迎は野球の本質に関係がないのと同様に、プリント作りも勉強とは関係がない事なのです。大切なのは子供がしっかり野球が出来る環境を作ってやる事であり、しっかり勉強をする、つまり正確に理解し覚え込める環境を作ってあげる事です。

それに改めて理科や地理、歴史などの教科書にふれる事は、大人にとっては非常に新鮮であり結構楽しいものです。この前の日曜日、娘のために地理のプリント作り(酒を飲みながらでしたが…)をやったら結構面白く、下の弟も加わって楽しい勉強タイムを過ごせました。普段子供と関わる時間が少ない私にとっては貴重な時間でした。皆さんも試してみて下さい。(つづく)

vol.75 英語が大嫌いな中学生の皆さんへ

先日、某中学校で2年生を対象にした講演会のようなものをしました。
普段は高校生と高卒生を相手にしているので多少不安がありましたが、自分としては割と楽しんでもらえたのではないかと思っています。皆さん真剣に聞いてくれてありがとうございました。

話の内容はいつものごとく成績なんて心掛け次第で大きくUPすることができる、といったものでした。改めて考えれば、中学生はまだ本格的な勉強が始まったばかりです。英語にいたっては中1・中2を合わせた内容はその気になれば1~2週間で復習できる量です。まだその程度しかやっていないにもかかわらず、「英語が苦手」「英語が大嫌い」のような発言が聞かれます。こういったマイナス思考の原因はほとんどが『食わず嫌い』の類いだと思います。やってみればできない教科はないはずです。難しいのは教科の内容ではなく継続する行為です。確かに誰にとっても継続する事は大変な事ですが、まずは10日間程勉強を毎日してみましょう。何かが見えてくるはずです。

英語は高校受験や大学受験に不可欠な教科です。大学受験においては英語が出来るようになれば半分以上成功したも同然です。英語が大切なのはこのためだけと言ってもいいくらいです。
大学へ行きそこでしっかり頑張れば、世界中を駆け巡る商社マン・弱きを助ける弁護士・巨悪に立ち向かう検察官・人の命を救う医師・日本のために働く官僚や政治家・世の中を驚かす発明をするIT起業家・ありとあらゆる未来へ繋がって行きます。本当に本当に大学受験レベルまでの英語だったなら誰でも必ずできるようになります。
ちょっと下品な話になってしまいますが、ひょっとすると中学時代に英語を勉強するかしないかで億単位の収入の違いが生じるかもしれません。

英語を勉強しないなんてもったいない事この上なしです。平成の世の中になっても多くの人にとって立身出世(死語?)には勉強が一番の近道です。

英語が大嫌いな人は1日10個ずつでもいいから英単語を覚えて下さい。次の日は前日の10個と新しい10個という具合にやっていけば1ヵ月もすれば英語に対する苦手意識が減っているかもしれませんよ。
今日からやってみよう。(つづく)

vol74. センター試験心得

いよいよ明日がセンター試験ですが、今日と明日へのアドバイスをしたいと思います。

今日
①受験グッズ(受験票、筆記用具、時計、参考書、ティッシュ等)をかばんに入れておく。
②いつも通り勉強して、いつもの時間に寝る。
③寝つけなくても大丈夫。(体を横にしているだけで寝ているのと同じぐらい体が休まるそうです。)

明日〈試験前〉
①試験開始3時間前(6:30頃)には起床する。
②教室は思ったより寒い場合があるので対策をする。
③試験1時間前ぐらいまでには着くようにする。
④試験の前、休み時間はひたすら次の時間の科目の勉強をする。
⑤トイレは必ず行っておく。
⑥緊張している場合は自分より緊張している人を探す。

〈試験中~後〉
①わからない問題は後回しにしてまず出来る問題を見つけそれからやる。
②常に時間をチェックしながらやる。終了時間を勘違いしない。
③インスピレーションを大事にする。(迷った時は直さない)
④時間いっぱいまで全力を尽くす。
⑤休み時間に答えあわせをしない。2日目がある人は1日目の答えあわせをしない。

以上のことを心がけてリラックスして試験に臨んで下さい。

私も受験を予定しています。
興味のある人は探し当てて下さい。

みんな、がんばろうね!!