vol.86 受験勉強の本当の効果

『受験期は、例えば3月から6月にこの参考書を終わらせようとか、細かく計画表を作りました。そうすることで多くの課題から、何を優先させるべきかが見えてくるんですね。計画通りにいかない場合にはどうリカバリーするかを考える。自分はどのくらいの負荷に耐えられる人間なのかも、中学、大学の受験勉強を通じてわかりました。こうした経験は社会人になった今、すごく役立っています。』

これは日本テレビアナウンサー 桝太一さんの言葉です。
彼は名門麻布中・高から東京大学理系に現役合格し大学院終了後にアナウンサーになったそうです。よく「受験勉強は将来役に立たない」ということを耳にします。確かに数学の微分・積分はもちろん英語でさえ、知っていなければ生計が成り立たない人はそれ程多くはないでしょう。でも勉強によって身に付く大切なことは、知識そのものよりも、桝さんが言ったこと、つまり自己管理能力だと思います。目の前にある課題に対し、逃げずに、戦略を練り、計画的に取り組んでいく、といった社会に出てからは不可欠なことを受験勉強を通して身につけることが出来るのです。

我々大人は様々な場面で安易に「受験勉強なんて…」と子供達に向かって発言してしまいがちです。もちろんそういった面も多々あると思いますが、それは知識的な面(もちろんそれも非常に大切ですが)からの見方だと思います。自己管理能力の面から見れば役に立たないはずはないと思います。くれぐれも子供に対する発言には気を付けましょう。

P.S 受験シーズン真っ盛りですが、受験生の皆さんもう少しです。体調に注意して頑張って下さい。
(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求