vol.3 自信がなせる技

塾を始めて間もない頃の生徒の話ですが、その生徒は進学校ではない高校の女の子で高1の冬に英語が全く出来ず、このままだと留年してしまうかも、との理由で来塾しました。過去の英語の定期試験の結果を持参していたので見せてもらうと、失礼ながら決して難しくないテストの点数がどれも10~20点なのでした。

聞けば中1から英語が大嫌いでわからないとの事。クラス授業は無理なので特別に個人的に見る事にしました。学校が終わったら毎日すぐ来るように言いました。(当時はまだ高卒部もなく、高校生も少なく時間的に自由がききました。授業がない日でも妻の手前出勤したフリをして、一日中田島や只見方面に好きな音楽を聴きながらドライブをして過ごした日もありました。

いい時代だったなぁ…)口数が非常に少なく自信がなさそうで、またまわりの事にも関心がなさそうな彼女でしたが真面目に毎日4時頃にはやって来ました。学校の教科書や中学の復習を少しづつやりました。無事進級が決まりましたがそのまま塾に通い続けてくれました。その後クラス授業にも参加し始めた彼女ですが、やはり誰ともほとんど口をきかず自信がなさそうで他人にも関心がなさそうでした。

事実同じクラスの他の生徒の名前さえも覚えていなかったぐらいです。その彼女が毎日塾に来て、日本史の勉強も一緒にやったおかげか、なんと東京6大学の1つに現役合格しました。その年の夏に彼女が塾に遊びに来てくれました。すると挨拶もそこそこに「先生、今ダイオキシン問題が大変ですね…」と時事問題を話し出しました。その後も大学の事とか自分の事とかを楽しそうに饒舌に話すのでした。

私はその変化に驚きましたが、それは“自信がなせる技”ではないかなと思いました。大学合格、それも有名大学合格が彼女に「私もやれば出来る」との思いを持たせ、自分に自信を持つ一因になったのは間違いないと思っています。何事にも自分に自信を持つ(過信はいけませんが)という事は大切です。大学受験にはこういった側面もあるのです。やっぱり大学受験はステキな事だと改めて思った私でした。(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求