vol.6 本文中から答え を探し出す

「先生、僕現代文が苦手なんですけど、どうすればいいですか?」
「現代文が出来ないが、やっても成績が伸びないのでどうしようもない」
「現代文の勉強法がわからない、やってもムダ」…

こういう言葉よく耳にしますが現代文は本当にやってもムダ、また勉強法がないのでしょうか。

またまた私事で恐縮ですが私は高校時代まではほとんど本も読んだ事がなく、高校の現代文で赤点を取った事さえあります。(またもでました赤点話)そんな私ですが生意気にも今は高卒生に現代文を指導したり、毎年受験しているセンター試験本番の現代文では毎年90%以上で満点の年も何回かあります。

(ちなみに今年は満点でした)こんな事を書いたのは別に自慢をしたいわけではなくて、18才の自分と現在の自分では何が違うのかを検証すれば、何かがわかるのではないかと思ったからです。

ポイント①語い力/大学の頃から人並には本を読むようになったし、現在の仕事柄、文章に触れる機会も多いので18才時から比べれば語い力は飛躍的にUPしています。実はこの語い力こそ現代文が出来るための第1の要因だと思っています。でも英語と違って国語の語い力不足は非常に気付きにくいものです。

つまり日本語なので読めてしまって本当は意味がわからないのにわかっていると思いこんでしまっている言葉が結構ある事に気付かないという事です。

例えば、相対、普遍、具体、具象、抽象、捨象、観念、形而上、有機、客体、恣意…読めるけど意味ははっきりしないものが多いのでは?また、カタルシス、アナロジー、パラドックス、メタファー、レトリック…等の外来語もあなどれません。

現文の授業をしていると文章が読める、読めない、問題が解ける、解けない以前に語い力のない人が大勢います。すぐに評論文用語集の類をやるべきです。

ポイント②答えは考えるのではなく問題文から探し出す/よく言われる事ですが、いざ問題を解く段階になると守られていないのがこの事です。当然ですが本文に書かれていない事は×です。現代文は解く、答えを考えるではなく「本文中から答えを探し出す」という事を肝に命じて丁寧に問題文を読む癖をつけるだけで相当実力がUPするはずです。この事は当然評論文だけでなく小説にもあてはまります。是非お試し下さい。(つづく)

追伸…何だかんだ言っても読書はした方がいいです。読書が好きではない人はあまり立派な本を選ばずにどんな分野でもいいから自分の興味のある分野(スポーツ、趣味など)からなら楽しく読めるかも。読書はあくまで楽しみなのですから。

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求