vol.7 毎日机に向かう

「明日から試験だから勉強しなきゃ」そう意気込んで部屋に入ると、目に飛び込んできたものは普段は全く気にならない部屋や机の上のちらかりぶり。まずは掃除してからと親に言われてもめったにしない掃除を開始。

1時間半経過、やっと机に向かったまではよかったが30分も過ぎないうちに勉強に飽き、気付けばなにもこんな時に見る必要のない小中学校の卒業アルバムや文集を見てしまっている。こいつ何バカな格好で写っているんだろう。こいつもバカな事書いてるなぁ…。

一番バカなのは自分である事も気付かずに時間だけが過ぎ去る。あぁもうこんな時間か、夜遅くまでやるより朝早く起きて勉強してそのまま学校に行った方がいいな…と自分に都合の良い事を考え寝る。目覚ましに気付かず、親の「早く起きないと遅刻するよ」で目が覚める。

何でもっと早く起こしてくれないの。何の責任もない親に毒づいて朝食抜きで学校へ→テスト全くわからず→赤点、私の高校時代の試験前の典型的な1日です。でもこんな事、心当りある人いませんか?集中力がなく30分すら勉強が続かない人にアドバイス。まず飽きたな、やめたいと思ってもそこではやめないでもう少しやってみる。

もう1度その気持ちが襲ってきてもまたガマンする、そして3度ガマンしてまたやめたいと思ったらやめる。ただこれだけを実行してみて下さい。2浪目の秋頃にこの事を実行してみたら、30分ももたなかった私ですが短期間に長時間勉強ができるようになりました。

(2浪目の秋だった事も関係していると思いますが)勉強をあまりした事がない生徒にいきなりハードルの高い要求は禁物。まずは毎日机に向かう。これが一番大切な事です。大学を目指す人に言う言葉としてはレベルが低いと思われそうですが、人間無理はいけません。まずは続ける事。「継続は力なり」です。(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求