vol.9 勉強はだれのため?

勉強はだれのためにするのでしょうか。「もちろん自分のために決まっている」という意見が圧倒的だと思います。

私もそう思いますがそれだけでしょうか?私は中高生の頃、先生や親に「勉強しなさい。自分のためなんだから」と言われると「それなら勉強しなくてもいいや、自分が痛い目にあうだけで他人に迷惑がかかるわけではないから」と考える志の低い生徒でした。でもこういう人いません?「自分のためだから…」というフレーズで気合が入らない人。そういう人のためにアドバイス。

「勉強は自分のまわりの人のためにする。親、兄弟、祖父母、親戚、そして未来の自分の子供や孫のために」先日女子レスリングか何かで優勝した人が「優勝してコーチを肩車するためにがんばりました」というようなコメントをしていました。人は「自分のため」と思う時より「人のため」と思った時の方が力が出る場合があると思います。

勉強にも、このことがあてはまります。自分が第1志望の大学や難関大学に合格したら親や祖父母が喜んでくれるだろうし、弟や妹はそれを励みに「お姉ちゃんができたのだから自分もできるかも」と思ってがんばるかもしれないし、将来子供や孫を持ったとき、その人たちが「お父さん(おじいちゃん)があんなにすごい大学を出ているんだからその血を受け継いでいる私もできるはず」と勇気がわいてくるかもしれません。どうです、今自分が勉強することが現在自分のまわりにいる人のためばかりか、自分の子孫にまで影響を与えるかもしれないのです。

人の幸せは自分のまわりにいる人々の笑顔や幸せではないかなと思っている今日この頃です。(今回はちょっとかっこつけてみました)つづく

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求