vol.12 センター試験成功大作戦①

センター試験は平均点が60点になるように意識して作られています。

ここにある秘密が隠されています。実は社会の「現代社会」「倫理」、理科の「地学」は“お買い得”です。これらの科目は国公立大の2次試験や私立大で出題されることはほとんどありません。従ってこの科目を“本気”で勉強している人はかなりの少数派です。

「現代社会」にいたっては半数ぐらいは対策らしい対策をしていないのではないでしょうか。それなのに今年の平均点は「日本史B」約64%「世界史B」約59%「現代社会」約61%「倫理」約67%「物理I」約65%「化学I」約64%「生物I」約58%「地学I」約60%です。かなりの勉強量をこなしている猛者ぞろいの日本史、世界史、物理、化学、生物の60%と「現代社会」「地学」の60%では意味あいが全く違います。

勉強量は半分どころか数分の1で同等かそれ以上の得点が見込めます。理系の人は社会を「現代社会」か「倫理」、文系の人は理科を「地学」選択することによってこれらの科目が時間をかけずに高得点になるばかりか、これらの科目にかけずに済んだ時間を他教科にまわすことが出来るという相乗効果が期待できます。

目安としては理系の人で地歴がセンター型模試やセンター過去問で60点以下、文系の人で生物や化学が60点以下の人はすぐに「現代社会」や「地学」に変えることをおススメします。

これらの科目は本当に短時間で完成します。具体的にはセンター対策の問題集や参考書を1冊早目に仕上げて過去問をやり込めば十分です。大逆転への1歩を今日から踏みだしましょう。
(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求