vol.26 学習塾の意義

早いもので新学期が始まったと思ったら、もう4月下旬、ゴールデンウィークもすぐそこです。

今回は新年度第1 回目のコラムということで、あらためて学習塾の意義について書きたいと思います。今だにテレビドラマなどで塾は悪者扱いされる場合もないわけではありませんが、東京などの大都市圏ばかりでなくこの会津地区でも十分に市民権を得て学習面は当然のこと、他の面でも大きな役割を果たしていると思います。(それでも会津地区の通塾率は全国的にはまだまだ低いようです。例えば20年以上東大合格者数で日本一の開成中・高は1つの塾だけで521名、また別の1つの塾に18 8名も通っているそうです。他の塾も合わせたらすごい数字になります)ここで通塾のメリット〈高校生〉をあげてみます。

○学校の学習レベルの上または下をカバーしてくれる学校のレベルでは物足りない、またはついていけない、こういった生徒をフォローすることができます。特に進学校に通っている高校生が一旦遅れてしまうと自分の力だけでは追いつくことが難しいのが現状です。

○わかりやすい授業、入試に直結する授業、真剣な生徒あたり前ですが塾は行く必要はないわけですし、また授業料もかかるのでありきたりの授業では生徒に通ってもらえません。授業や教材に命を懸けて研究し、生徒に還元するのが塾なのです。その結果、生徒も真剣にかつ楽しく授業をうけています。少なくとも会津学院はこういった塾です。ぜひ体験してみて下さい。
【無料体験できます】(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求