vol.30 勉強法を再考せよ

私は中学の時に野球部でしたが、その頃は練習中に水を飲むことは禁じられていました。(よく校舎のほうへ転がったボールを拾うふりして水を飲んでいましたが…)私よりちょっと上の世代まではうさぎ跳びをして足腰を鍛えていました。

プロ野球の世界でもピッチャーは肩が冷えるという理由で水泳さえ禁止されていた時代があったそうです。皆さんはもうご存知だと思いますが、これらは今では全て間違いとされています。(現在ではピッチャーは試合後、肩・肘のアイシングは常識ですし、スポーツ中に水分をとらなければ最悪死につながることもあります)つまり昔の常識が今では非常識になっていることがあります。

勉強法にもこれが当てはまります。例えば歴史を勉強する時に自分でノートにまとめる、〈時間がかかり過ぎ。教科書や問題集に答えを書き込んだものを何度も読むべき〉古文や英文を手書きでノートに写し解説を書く、〈これも時間がかかるし、字も当然活字より読みづらい。コピーするかもう1冊テキストを購入すべき。

勉強しなければならないのは古文や英語だけではない〉数学の問題を長時間考える〈最新の脳の研究ではわからない問題をウンウンうなって考えている時は脳はたいして働いていないそうだ。5分位考えてわからなかったら解答を見てよく理解し、覚えた後で何度も出来るまで繰り返した方が効率が良い〉などです。

スポーツでは方法論が間違っていると体を壊したりするので間違いに気付きやすいですが、勉強法が間違っていても成績が伸びないだけで、目に見える害はないので気付きにくいのです。皆さんも思ったほど成績が伸びていないなら勉強法を見直してみてはどうでしょうか。自分が今やっている勉強法を盲信してはいけません。(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求