vol.40 英文速読

「英文を早く読みたい。」受験生の切実な願いですよね。どうすれば早く読めるか私もよく質問を受けます。世の中では「英語は英語として読め」(個人的には何だかよくわからない主張)「スラッシュを入れて読め。」「キーセンテンスに注目せよ。」というようなことが速読のために必要だと言われてますが、とりあえず次の英文を日本語訳してみて下さい。

①At the time we speak of the boy was very poor.

②Frank talks between an adolescent and his parents often reveal that the adolescent is basically willing to rely on his parents for protection in many situations.(日本大)

うまく訳せましたか?

①は単語だけなら全て中1レベルです。意外に手こずりませんか?(答え, 私たちが話題としている時代には、その少年はとても貧しかった)

①はFrankをS talksをV(フランクは話す。)と考えたら地獄行きです。この文の解釈は苦しいでしょう。(答えはtalksがS revealがVでthat以下がOです。)

「英語は英語として読め」はなにかもっともらしい主張ですが、結局I play tennis.を「私はテニスをする」と考えるとダメで「私はするテニスを」と考えるのが「英語を英語として読む」ことらしいです。でもそれだけでは英文、特に大学入試レベルの英文はなかなか読めないと思います。スラッシュリーディングもやさしい英文ならまだしもちょっと込みいった英文にはつらいと思います。英文が読めるというのはどこで切れるのかを知ることですから、最初からスラッシュをどこに入れるかがわかれば苦労はしません。

じゃどうすれば読めるかということですが、やっぱり世の中にそううまい話はありません。結局は伝統的な学習法、つまり単語をしっかり覚え文法・構文を理解し覚えることに尽きます。ただし今はそんなに複雑な構文は不要です。

②の英文の構造が理解できれば十分です。あとは英文を読み込んでいくだけです。その際構文が不明なところは必ず明らかにして下さい。

それをしないと誤読を繰り返しているだけですから!CDなどがついていたら積極的に利用すべきです。何度も聞いて何度も音読して下さい。無敵になれます。(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求