vol.58 受験勉強は役に立たない!?

「サイン、コサイン、タンジェントなんてわからなくても生きていける」「古文、漢文を知っていても今の社会では何の役にも立たない」よく耳にする言葉ですが、私も全くの同感です。

私は主に英語を担当していますが、英語でさえ世間で言われているほど必要だとは思いません。一体英語を知らないからといって生活できない、つまり仕事にならない人は世の中にどれ程いるのでしょうか。

少なくとも私の周りには中高の英語の先生を除けば皆無といっていいくらいです。(都会にはもう少しいるかもしれませんが)変な英語神話は考えものです。ただし、(ここからが本題!!)だからといってこれらを勉強しなくてもいいという訳ではありません。

その理由は、大学進学を目指す人達には入試にこれらの科目があるということもありますが、もう1つ大切な事はこれらを勉強していく過程で身に付く事です。分かりやすいように箇条書きにします。

①我慢強さ(忍耐力、自分を律する力)
誰にとっても勉強(特に苦手科目)は楽しい事ばかりではありません。それに今の高校生にはゲーム、ケータイ、ネットと勉強よりはるかに楽しい事があります。数多い誘惑に負けずに、やりたくない気持ちを我慢して勉強をするということは結構大変な事であり、強靭な忍耐力がつくことは間違いありません。

②計画性、戦略的思考、要領の良さ
大学受験は難易度の高さ、範囲の広さ、深さ、どれをとっても高校受験の比ではありません。受験勉強を成功させるためには、計画をしっかり立て、何をどうやれば最も効率良く勉強ができるのかを考え、そして実行に移さなければなりません。受験勉強でこのようなスキルを身につける事ができます。

③広い視野
英語長文や国語では断片的ではあっても古今東西の様々な文学作品や評論文やエッセーなどを読む事になりますし、地理や現代社会では今の世界を、日本史や世界史では過去の世界を知る事になり、確実に視野が広がり物事を多方面から考える事ができるようになります。

その他、勉強を教えあう事による協力・協調性など受験勉強で身に付くものは多数あります。これらはどう考えても社会に出た時に必要不可欠なものばかりです。かなりの時間を受験勉強にあてなければ入学できない難関大学が就職に強いのは「ブランド」ではなくこのような要素が大きく影響している事は否定できません。

つまり受験勉強は大変役立つものなのです。
さぁ今日も元気に勉強に励もうぜ!!(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求