vol.59 高校1年生、英語を勉強せよ!!

高1の英語、特に英文法は非常に重要です(細かくやりすぎるのも問題なのですが…)。大学進学を考えている人にとっては、人生を左右するといっても言い過ぎではない程です。大学入試には文系、理系を問わず英語が必要です。

その入試に出題される英語(長文や英作文等)が出来るようになるためには英文法の知識が不可欠なので、高1でつまずくと英語が出来ない⇒入試に成功できないという図式になってしまうからです。

直近の定期試験でグラマー(高校によってはOC)の点数が60点以下であるならば、黄色信号です。このままだと英語が本当に苦手科目になってしまいます。解決策はもちろんあります。勉強すればよいのです。

ただし、やり方があります。どんな科目にも当てはまる事ですが、苦手科目というのはその科目に接している時間が圧倒的に短く、その結果それに関する知識が少ない場合がとても多いのです。そういった状態で何かを理解しようとしてもなかなか簡単にはいきません。じゃあどうすればよいのでしょうか。

答えは音読です。とりあえず難しく考えないで何度も繰り返す事です。教材は高校で使っているグラマーのテキストが最適です。テキストの終わりの方に基本例文が日本語と英語で書かれています。これを使ってまず英語⇒日本語が出来るかを確認します。分からない場合はその単元が説明してあるページに戻って確認して下さい。

それでもよく分からない時はそのままでOKです。何度か音読して慣れてきたら日本語⇒英語が出来るようにするために、さらに読み込みます。最終的には日本語を見て英文が口で言えるようにします。しばらく覚えるまで書く必要はありません。これがコツです。また細かい点(冠詞、前置詞など)をあまり気にせず覚えてしまって下さい。

この状態になれば、改めてテキストの解説や参考書を読んだり、学校の先生の話を聞けば以前と比べものにならないほど理解出来るはずです。もうすぐ冬休みなので、それを利用してやってみれば良いでしょう。かなり英語が出来るようになります。

ただし、言うのは簡単ですが、実際に1人で実行するのは結構大変です。そういう人は塾等を利用するのも一つの手です。早速今日から始めましょう。
(つづく)

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求