vol.65 中高生の英語成績UPへの道

現代のような情報が溢れている世の中においては、正しい情報を選択するだけで一苦労です。英語の成績を上げる事に関しても、やれ英検がいい、TOEICやTOEFLの方が役に立つ、英会話が今の英語に合っている…

等、どれも正しいのですがどれも間違っています。その人の実力、入試までの時間などの状況によるからです。ただ少なくとも大学入試(もちろん高校入試も)の英語をクリアーするだけならこういったものは一切必要ありません。まぁ将来のためにTOEICを勉強しようと思っているそんな立派な中高生がいたなら(100人に1人もいないと思いますが)今の英語の成績云々で苦労しているはずがないので、このコラムは役に立たないと思いますが…。

では具体的な方法を書きます。

①学校のテストを重視
まずは一番身近にある学校のテストを出来るようにする事が最も大切です。苦手な人は前学年の復習を…なんて思いがちです。確かにやるにこした事はありませんが、様々な現実を考えればなかなかできないはず。とりあえず今使っている教科書の内容を丸暗記でいいので覚えて、定期試験の点数を上げていくようにしましょう。その際学校の先生や塾などに助けてもらうのも一つの手です。世間には独力でやる事が褒められる傾向がありますが、1人でやると時間がいたずらに浪費する場合が結構あります。一番大切なのは入試までに成績を上げる事であって、独力でやる事ではありません。

①がクリアーしたなら、

②語い力UP
中学生は1~3年の教科書を覚えるのが一番です。高校生は英単語集を一冊用意して覚えまくって下さい。こればかりは覚えるのみです。

②に一定のメド(完璧でなくてよい)がついたら受験生は(1~2年はとりあえずここまででOK)

③過去問研究
をします。自分が受験する高校や大学(センター試験を含む)の過去問に目を通し(解答を見ながらでもよい)、今の自分に何が足りないのか(語い力、文法・構文力…etc)を確認し、足りない部分を補強します。もちろんもっと様々な事がありますが、大筋はこれでOKです。繰り返しになりますが、学校の成績が安定しないうちに他の事に目を移さない事です。他の事は学校の成績が上がり、志望校に合格してからでも決して遅くはありません。つづく

お問い合わせ
授業料・入塾について

授業料や・入塾について、その他ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

会津学院 – 会津若松市の大学受験専門 予備校・進学塾 0242-28-7708
お問い合わせ・資料請求